新着情報・センターからのお知らせ

2016/07/11 千葉教育(638号)がダウンロードできるようになりました。
2016/06/10 「理科実験土曜塾」28年度の実施要項と申込書を掲載しました。
2016/06/10 研究指定校一覧に平成28年度小中学校研究指定校一覧を掲載しました。
2016/06/01 希望研修等の再募集の6月1日現在の状況について掲載しました。(随時更新)

 

◆◆◆ 季節でかわるショートカット(クリックすると各ページに直接ジャンプします) ◆◆◆

センターだより
12345
2016/07/19new

台湾渓陽・二水國民中學校の教員によるセンター訪問

| by 総務担当
 台湾彰化縣立渓陽國民中學及び彰化縣立二水國民中學の教員による本教育センター訪問がありました。
 訪問者22名は、千葉県を紹介したDVDを視聴しました。
 その後、「本教育センターの研修事業内容」と「日本の教育事情」について、本教育センター所員が説明をしました。
 訪問者から、中学校の教育課程や生徒会活動・部活動等について熱心な質問があり、日本の教育への関心の高さがうかがえました。
 説明後は、ICT体験ルームでデジタル教科書等の体験活動をしました。
 訪問者は、積極的に機器を操作していました。
                            
     本センター研修事業内容及び日本の教育事情の説明          体験活動の様子
                            
 二水國民中學校長による体験活動の様子  渓陽國民中學校長(右)からの記念品寄贈       記念写真
11:30
2016/07/13

小・中学校及び県立学校等養護教諭5年経験者研修

| by 総務担当
 小・中学校養護教諭5年経験者及び県立学校養護教員5年経験者研修を合同で実施しました。
 研修生21名は、学校保健に関する専門的な見識を深め、教育現場で生かせる研修を行いました。
 女子栄養大学名誉教授 三木とみ子氏の「保健室経営の基本と展開 ー学校保健安全法を受けた保健指導プロセスー」についての講話を聞いた後、グループで協議を行いました。
 これからの保健室運営に役立てていただくことを期待します。
   
   女子栄養大学名誉教授                 研修風景
     三木とみ子氏
11:37
2016/07/06

土曜塾「知りたい・学びたい発達障害」

| by 総務担当

 6月25日(土)に休日開放事業「知りたい・学びたい発達障害」土曜塾を開催しました。
 前半は、筑波大学附属大塚特別支援学校 地域支援部長 安部博志先生を講師に迎え「通常の学級でできる特別支援教育」というテーマで、支援のポイントについて、講話を行いました。その後、参加者は、学級等で活用できる学習教材を手に取りながら写真に収め、学習ツールのヒントを得ていました。
 後半は、NPO法人えじそんくらぶ代表 高山恵子先生から「注意の持続や行動のコントロールが苦手な子への支援」についてエピソードを交えながら講話をいただきました。
   

     安倍博志先生         安倍博志先生の教材         高山恵子先生
10:21
2016/06/29

組織マネジメント研修

| by 総務担当

 公立学校の校長、副校長及び教頭を対象とした「組織マネージメント研修」を実施しました。
 参加した160名の先生方は、学校管理職としての経営能力や危機管理能力の向上を目的に、学校組織マネジメントの理論や手法を取り入れた、実践的な学校経営研修を通して学びました。
 前半は、宇野輝夫氏(大多喜中学校前校長)と百瀬明宏氏(県立船橋高等学校長)が研修者に対し「学校経営ビジョンの考え方を生かした信頼される学校づくり」について講話・演習を行いました。
 後半は、「自校の経営重点の取組」について11班に分かれ、講師の助言を受けながら協議・発表を通して探究しました。
    
  大多喜中学校前校長    県立船橋高等学校          班別協議・発表の様子 
    宇野輝夫氏       百瀬明宏校長


10:18
2016/06/29

若い教師のためのあすなろ塾

| by 総務担当

 第2回「若い教師のためのあすなろ塾」を、6月25日(土)に行いました。
 前回から継続しての参加者が多く、若い先生方の意識の高さが感じられる研修会となりました。
 前半は「発達障害のある児童生徒の理解」として、発達障害についての理解や気になる児童生徒に対する指導・支援のポイントについての講話を行いました。
 後半は、「ICTを使った授業作り」として、情報モラルやICT機器を使った協働的な授業について、iPadを用いた体験型の演習を行いました。
 「若い教師のためのあすなろ塾」の受付は、カリキュラムサポート室のページで随時行っています。
 第3回は、一か月後の7月23日(土)に実施予定です。
   



09:55
12345