新着情報・センターからのお知らせ

2016/08/26 千葉教育(639号)がダウンロードできるようになりました。
2016/08/25 研究指定校一覧に平成28年度高等学校及び特別支援学校研究指定校一覧を掲載しました。
2016/07/11 千葉教育(638号)がダウンロードできるようになりました。
2016/06/10 「理科実験土曜塾」28年度の実施要項と申込書を掲載しました。
2016/06/10 研究指定校一覧に平成28年度小中学校研究指定校一覧を掲載しました。

 

◆◆◆ 季節でかわるショートカット(クリックすると各ページに直接ジャンプします) ◆◆◆

センターだより
12345
2016/08/19

ICT活用研修「メディア教育指導者養成コース」

| by 総務担当
 ICT活用研修「メディア教育指導者養成コース」を8月18日(木)と19日(金)の2日間、本センターで実施しました。参加者36名は、ICT機器・教材の活用について専門的な研修を行いました。
 1日目の研修では、江戸川大学メディアコミュニケーション学部情報文化学科の玉田和恵教授が「視聴覚教育と情報通信技術」のテーマで、動画編集ソフトを活用し動画編集を行いました。
 2日目は、公益社団法人日本複製権センターの稲田孝哉事務局長が「著作権の基礎と著作物の正しい利用」について講話をしました。
 その後、小学校の教諭が「Skype」を活用した演習と、台湾の学校との交流実践の発表を行ないました。
 参加者からは「リアルタイムで会話が楽しめる」、「お互いの表情や様子を見ながら情報交換ができる」などの感想がありました。
    
                      研修の様子
17:00
2016/08/18

実践に役立つ中学校社会科・高等学校公民科研修

| by 総務担当
 教職経験1年を経過した、中・高・特別支援学校教員36名を対象に「実践に役立つ中学校社会科・高等学校公民科研修」を実施しました。
 はじめに、東京学芸大学准教授 渡部竜也氏が「社会的な見方・考え方(政治的教養)を養う指導の在り方」について演習を取入れた講義を行いました。
 その後、本教育センター 大久保俊輝研究指導主事と鴨川市立鴨川中学校 三浦徹教諭が「政治的教養を育む指導実践例 主体的な学びの工夫と改善」を主題とし、新聞記事を活用した演習と実践発表、参加者によるグループ協議を行いました。
 研修後半では、今日学習した内容をグループごとに振り返り、社会科教育の充実に向けた授業力の向上を目指しました。
    
    東京学芸大学       演習の様子     鴨川市立鴨川中学校    クループ協議
  准教授 渡部竜也氏                 教諭 三浦徹氏 
16:00
2016/08/09

ビデオカメラを用いた教材づくり研修

| by 総務担当
 幼児教育・学校教育・社会教育・行政関係者20名を対象に、八千代市教育センターの北田裕之指導主事が、8日(月)と9日(火)の2日間、本センタ―で、ビデオカメラを用いた教材づくりの研修を行いました。
 1日目の研修では、ビデオカメラの操作方法と撮影技法について、講義を行いました。その後、ビデオ作成に必要な画像素材を撮影しました。
 2日目の研修では、ムービーメーカーを活用し、動画編集の基礎知識と技術について各自で操作技術の習得に努めました。その後、前日に撮影した画像を基に、BGMや視覚効果の挿入を工夫しながら動画の編集を行い、作成した作品の発表を行いました。
 参加者からは、「短時間での編集でしたが、とてもためになった」、「学校現場で活用したい」などの感想がありました。
     
             編集作業の様子                 制作した作品の発表
11:35
2016/08/09

特別支援教育相談研修・特別支援学校新任教員研修

| by 総務担当
 特別支援教育相談研修(150名)と特別支援学校新任教員研修(27名)の合同研修を行いました。
 この研修は、特別な教育的支援が必要な幼児児童生徒や保護者に教育相談として関わるときに必要な知識と技能を習得すること、特別支援学校に初めて勤務する教諭を対象に、特別支援学校教員として必要とされる指導力、実践力の向上を図ることを目的としています。
 研修では、「教育相談のあり方―特別な教育的支援が必要な子と家族への支援―」という主題で、大正大学 玉井邦夫教授が「特別支援教育の関連領域における教育相談の背景知識」について講義を行いました。
 その後、「教育相談におけるコミュニケーションの技法」について、会話の本質・二十の扉・感情のくみとり方等について演習を取り入れながら、講義を行いました。
   
   大正大学 玉井邦夫教授                 研修風景
11:07
2016/08/05

初任者合同研修「異校種交流」

| by 総務担当
 幼稚園等・公立学校及び県立学校等の初任教員426名を対象に、8月4日(木)と5日(金)の両日、本センターで合同研修を行いました。
 この研修は、研修者同士の連帯感や信頼感を深めた上で、各校種の指導の在り方を共有しながら、幼児・児童・生徒に対する実践的指導力の向上を高めることを目的としています。
 研修では、「めざす教師像」を共通テーマに各グループで討議を行い、KJ法等を活用し、全員の考えを分類整理しました。
 その後、わかりやすい発表になるように、色画用紙や折り紙等を使用し、内容を充実させつつ、グループならではの個性的な制作物を作成しました。
 発表では、寸劇を取り入れながら「すべては子どもたちの未来のために」を合言葉に発表をしました。
 この研修を通して、異校種間の交流が益々進展することを期待しています。
    
             発表準備の様子          
   
                     発表の様子  
   
10:06
12345