新着情報・センターからのお知らせ

2016/08/26 千葉教育(639号)がダウンロードできるようになりました。
2016/08/25 研究指定校一覧に平成28年度高等学校及び特別支援学校研究指定校一覧を掲載しました。
2016/07/11 千葉教育(638号)がダウンロードできるようになりました。
2016/06/10 「理科実験土曜塾」28年度の実施要項と申込書を掲載しました。

 

◆◆◆ 季節でかわるショートカット(クリックすると各ページに直接ジャンプします) ◆◆◆

センターだより
12345
2016/09/09

県立学校等新任校長研修

| by 総務担当

 本年度2回目となる、公立高等学校及び特別支援学校の新任校長研修を実施しました。
 はじめに、企画管理部財務施設課から「県立学校財務管理」についての講話を、その後、高等学校と特別支援学校に分かれて「千葉県における特別支援教育の現状と課題」と「特別支援学校の役割と各学校との連携の在り方」についての研修を行いました。
 特に、特別支援教育の推進では、参加者一人一人が「校長として心がけていること」について1分間スピーチを行い、これを基に情報交換を行いました。
 午後からは、講師を交え「今求められている学校経営上の課題と校長の役割」について、所属校の現状などを踏まえながら班別協議を行いました。
    
   講話の様子        情報交換の様子           班別協議の様子


09:42
2016/09/05

特別支援教育におけるICTを活用した研修

| by 総務担当

 「特別支援教育におけるICTを活用した教材・授業づくり研修」を8月24日(水)に本センターで実施しました。
 午前の研修では、国立特別支援教育総合研究所の金森克浩氏に、「特別支援教育におけるICT機器の活用ーコミュニケーションツール、学習支援のツールとしてー」というテーマで、ICT機器教材を活用する際のポイントを教えていただき、iPadの演習を通して、障害や学習の困難を補う機能を体験しました。
 午後は、印西市教育委員会の穂戸田和宏指導主事、柏市立第六小学校の青木佑典教諭が、「ICT機器を活用した授業の実際及び教材の体験」についての講話と演習を行いました。
 研修を通して、iPadで撮影した写真をすぐに電子黒板に表示する方法を学びました。さらに様々な学習アプリの紹介など通常の学級でも活用できる支援方法を学ぶことができました。

    

 国立特別支援教育研究所   印西市教育委員会    柏市立第六小学校      研修風景
 総括研究員 金森克浩先生  穂戸田和宏指導主事    青木佑典教諭      


 


16:58
2016/09/02

摂食指導研修

| by 総務担当
 8月17日(水)と18日(木)の2日間、県立袖ケ浦特別支援学校で「摂食指導研修―おいしく、楽しく、安全に食べるための理論と実際―」を主題とした研修を行いました。
 1日目は、千葉東病院歯科医長の大塚義顕氏を講師に、摂食・嚥下の仕組みや、摂食・嚥下機能の発達過程についての講義を行い、その後食事介助の実技演習を行いました。
 2日目は、学校での摂食指導のビデオを視聴し、インシデントプロセスで課題を把握し、指導の手立てを考える協議を行なったり、自食を目指す子の摂食指導について、どんな手立てがあるのかを講師自身の実践を元にお話しいただき、「かまないで呑みこむ」体験演習などを行なったりしました。
 両日ともに、袖ケ浦特別支援学校の先生方に実技補助をしていただきました。
            
      千葉東病院 歯科医長         食事介助の実技演習風景
        大塚義顕氏
16:59
2016/08/30

第4回「若い教師のためのあすなろ塾」

| by 総務担当

 本年度最終回となる第4回、「若い教師のためのあすなろ塾」が8月27日(土)に行われました。
 研修生にとっても重要な課題の一つである、「児童生徒理解」と「保護者対応」に関する内容について真剣な表情で講話を聞く姿が見受けられました。
 前半は、「児童・生徒理解、生徒指導の実際」として、児童生徒理解を深めるための具体的な手立てについての講話の後で、「インシデント・プロセス法」を用いて、研修生から提供された事例を解決していく演習を行いました。
 後半は、「生徒指導・保護者対応のケース演習」として、保護者との信頼関係づくりを基本に、要望に対してどのような対応をするべきか、グループごとに話し合う演習・協議を行いました。
 参加者からは、「少人数で協議できたのでよかった」、「演習や協議があることで気持ちが前向きになれた」などの感想が聞かれました。

   

      講話の様子                 演習・協議の様子 


13:01
2016/08/24

コラボレーション研修

| by 総務担当

 「楽しい技術と家庭科のコラボレーション研修」を8月23日(火)と24日(水)の2日間、本センターで実施しました。
 参加者24名は、技術分野と家庭分野をコラボレーションした題材を通して、実習における事故防止と、新しい学習指導や評価の在り方について、具体的な実技を基に研修を行いました。
 1日目は、「ミニ畳の製作」と「風呂敷を用いた小物入れ」について、畳や風呂敷という日本文化等についての講話とミニ畳の製作や風呂敷をつかった包み方等の実習を行いました。
 2日目は、「LED照明器具の製作」について、LED照明の回路や構造等の講話とLED照明スタンドの製作を行いました。
 参加者は、どの研修においても完成の喜びを味わい、そして互いに教え合いながら研修を行なうことができました。

    
            「ミニ畳の製作」               「風呂敷を用いた小物入れ」
   
                             「LED照明器具の製作」


16:30
12345